カプのトレーナーとは?


Are you overbreathing?

Which brain is yours?
Top > カプノトレーナーとは? > 呼吸のメカニズム

呼吸のメカニズム

良い呼吸、悪い呼吸とは?
良い呼吸とは、身体化学(pH)の安定的な調整を意味しています。悪い呼吸というのは、体のケミカルバランスの調整を崩すことに他なりません。呼吸は、その他の行動と同じように、広範囲に亘って学習により調整されるものです。

呼吸の化学-酸素が多いと血液のpHも狂ってしまう
生理学を勉強した人なら、呼吸というのは酸素と二酸化炭素の微妙な「化学的な」バランスの上に立っていることを知っています。しかし、一般には、酸素バーや携帯酸素ボンベなどの商品がもてはやされるように、酸素をたくさんとることが良いとされているようです。果たしてそうでしょうか?

日本医師会のウェブサイトである「健康の森」を見てみると、呼吸について次のような記述があります。「平均的な大人の場合、一分間に約15回の呼吸をしています。一日にするとおよそ21,000回呼吸をすることになります。空気中、つまり吸い込む空気には、約21%の酸素が含まれています。吐き出す空気の中にも16%の酸素が含まれており、一回の吸い込む空気の5%を吸収した計算になります。これを一日の量に換えてみると、550リットルの酸素を吸収したことになるわけです」

カプノトレーナーの詳しい商品情報はこちら

| HOME | カブノトレーナーとは? | 商品・サービス概要 | 会社概要 | お問い合わせ |

Copyright Associate Japan Inc. All Rights Reserved.